血糖値 アルコール|お酒を飲むと血糖値は上がる?アルコールの影響についての情報です!

百薬の長ともいわれるアルコール。
確かに、好きな人にとってお酒は、料理を楽しむ最良のお供であり、気の置けない人と飲むことはストレスの解消につながる楽しいものです。

 

お酒

 

しかし、血糖値が心配な人にとってアルコールはどのような影響をもたらすのでしょうか?

 

糖尿業が日本人の国民病となっている今日、「飲んでいいものなの?」「飲んではいけないの?」と心配な方も多いと思われますので、今回は血糖値とアルコールの関係について整理したいと思います(#^.^#)

 

血糖値に及ぼすアルコールの影響・・・お酒を飲むと血糖値は上がる?下がる?

お酒を飲むと血糖値は上がるのか?それとも下がるのか?・・・その答えを端的に言うと、一般的に血糖値は上がります。

 

といっても、実はアルコールのエネルギー自体に血糖値を上げる力はありません。

 

では、なせお酒を飲むと血糖値は上がるのか?
それには次の2つの理由によります。

 

  1. アルコールには肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖へと分解する作用を促進する働きがあるため
  2.  

  3. アルコール飲料の中には糖質を含むものが多く存在するため(ビール、甘いカクテル、果実酒、日本酒など)

 

そうなんです。
アルコールは1gあたり7kcalと高カロリーであるにも関わらず、体内でブドウ糖に戻ることがないため、アルコールのエネルギーには血糖値を上昇させる力はないのです。

 

しかし、アルコールの作用や、飲むアルコールの種類によってはそこに含まれる糖質のせいで血糖値は上昇してしまう・・・だから、お酒を飲むなら、その量が多くならないよう十分注意する必要があるのです!

 

血糖値はアルコールの種類によって変わる?

医師

アルコールは総じて血糖値を上昇させてしまいますが、その度合いはアルコールの種類によって異なる・・・血糖値が気になる人にとっては、このあたりはとても重要なポイントですよね。

 

その血糖値の上昇度合いを決定づけるのは、糖質を含むか含まないかなのですが、具体的にはどんなお酒が糖質を含んでいるのでしょうか?
それは以下の通りです。

 

●糖質を含んでいるもの・・・ビール、日本酒、梅酒、ワイン、甘いカクテル

 

●糖質を含まないもの・・・焼酎類、ジン、ウイスキー、ウォッカ、ブランデー、
                糖質を加えないサワー類(ウーロンハイ、緑茶ハイ、ハイボールなど)

 

 

お酒が好きな人にとって「1滴も飲んではいけません」というのは、かなりキツイことですよね。

 

故に、糖尿病と診断されアルコールを制限されているのでないならば、飲むお酒の種類を考え、飲む量を抑えながら楽しむようにして下さい(#^.^#)

 

その際、厚労省が発表している1日のアルコール摂取量に関する指針が目安となりますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

◎1日あたりのアルコール摂取量=純アルコール量で約20g程度

  • ビールは中びん1本(500mL)
  • 日本酒は1合(180mL)
  • 焼酎0.6合(約110mL)
  • ウイスキーはダブル1杯(60mL)
  • ワイン1/4本(約180mL)
  • 缶チューハイ1.5缶(約520mL)

 

アルコールの摂取で血糖値が下がる場合もある!?

ただし、一般的にはアルコールの摂取は血糖値を上昇させますが、糖尿病患者にとっては飲酒によって低血糖が引き起こされてしまうため、アルコールは控えなければなりません。

 

女性

 

  • 血糖降下薬を飲んでいる人は、食事を十分に摂らずに飲酒すると低血糖になるおそれがある。(食事量が低下すると、肝臓のグリコーゲンが減少し、さらにアルコールの代謝に伴う代謝経路の変化により、糖質以外からの糖の産生)抑制されるため)
  •  

  • インスリン注射や経口血糖降下剤などでの薬物治療中の人は、特に低血糖を起こしやすいので、食事をとらずに飲酒するのは避けるべき

 

医師

 

低血糖はについては、糖尿病 低血糖で詳しく症状などをご紹介していますが、意識障害を起こすなど場合によっては生命の効きにも関わる危険なものです。

 

医師から「これくらいなら飲んでも良い」と指示が出ている方だけ、くれぐれもその量を守って飲むようにして下さいね!

 

 

 

 

女性

以上のように、血糖値とアルコールは密接な関係にあります。

 

そして、アルコールの飲み過ぎは、インスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」に直接に影響し、2型糖尿病のリスクを上昇させることも分かっていますので、飲み過ぎないようしっかり管理する必要がありますね。

 

また、アルコール摂取はインスリン抵抗性を引き起こすだけではなく、食欲を亢進する作用もあるため、肥満にも気をつけなければなりません。

 

 

「ついつい」など楽しい気分や飲みたい気持ちに負けることなく自己管理に努め、可能な範囲でのみお酒を楽しむようになさってくださいね(#^.^#)

 

そして、まずはそのような危機的な血糖値の状態に陥るまでに、適切な血糖値対策を行なってみて下さい。

 

 

【当サイトおすすめの血糖値対策サプリ】

 

糖ダウン

糖ダウンの特徴

日本で初めてALA(アミノレブリン酸リン酸塩)を配合した血糖値サプリ

・従来の糖の吸収を抑えるという方法ではなく、糖のエネルギー消費を促進する新発想で血糖値の上昇を抑えてくれます!
1日1カプセルいつ飲んでもOK!
疲労回復にも高い効果が期待できます

価格 定期購入30日分初回50%OFF 2,450円
評価 評価5
備考 定期購入は1回の購入で休止・解約もOK!
糖ダウンの総評

3カ月の摂取で高かった糖がダウンした効果が実証されています!

購入形態は10日分のお試しをはじめ、30日分、60日分から選べます。定期購入は初回20%OFF♪
2回目以降は60日分で8,467円。コスパ的にもかなりお得です!!

白井田七

白井田七の特徴

高麗人参の約7倍のサポニンを含む田七人参が業界一含有されているサプリ

・サポニンが身体のめぐりを改善し糖をエネルギーに変換
・サポニンの含有量は1粒あたり250r→1日当たり4粒1,000rは業界一!
・糖尿病だけでなく貧血や高血圧にお悩みの方も愛用しているサプリメントです!

価格 定期購入初回 3,980円
評価 評価4.5
備考 定期購入は1回の購入で休止・解約もOK!
白井田七の総評

定期購入の2回目以降は20%OFFの5,184円で購入可能。

世界でもわずかな場所でしか作れない田七人参の中でも、無農薬で育てた極小の田七人参を使ったサプリメントです。

イヌリン

ルックルック イヌリンプラスの特徴

業界初の3方向から徹底的に糖をサポートするサプリ

食物繊維・乳酸菌などの健康サポート成分・健康ハーブという3方向からアプローチ!
・菊芋に多く含まれる水溶性食物繊維「イヌリン」が血糖値抑制に効果的
食物繊維46,000r配合は業界トップ
医薬品レベルの品質管理にて製造

価格 定期購入初回 2,980円
評価 評価4
備考 定期購入は1回での休止・解約もOK!
ルックルック イヌリンプラスの総評

定期購入で申し込むと、初回2,980円とコスパNo.1!

2回目以降も10%OFFの4,276円とリーズナブル。1日当たり約128円は他社にない低コストなので継続しやすいというメリットがあります♪

サラシアプラス

サラシアプラスの特徴

数千年前から伝承医療で用いられている「サラシアが」高配合されたサプリ

血糖値だけでなく、肝機能の予防にもダイエットにも効果的!
・サラシアに加え11種類のサポート成分がプラスされパワーアップ!
・不足しがちな3種のビタミンBも同時に摂取できます

価格 定期購入10%OFF 6,462円
評価 評価4
備考 定期購入は1回で休止・解約もOK!
サラシアプラスの総評

1日当たり(摂取目安4粒)300rのサラシアが摂取できるため、国内の臨床試験でも血糖値の改善の他にも、メタボ解消や免疫機能の向上など様々な健康効果が証明されています!

グラシトール

グラシトールの特徴

植物性インスリンといわれるピニトール配合の糖バランス応援サプリ

世界の保健機関も認めるピニトールを多く含む植物アイスプラントが原料
・自社の野菜工場で無農薬にて栽培しているので安心!
・モンドセレクション5年連続金賞受賞の実績を誇るサプリです!

価格 定期購入初回 1,935円
評価 評価3.5
備考 定期購入は1回で休止・解約もOK!
グラシトールの総評

定期購入の2回目以降は15%OFFの3,870円で購入可能。

新しい健康野菜として世界から注目を集めるアイスプラントが濃縮されているサプリです♪