血糖値 妊婦|妊娠糖尿病にならないために行なう妊娠中の血糖値対策とは?

妊娠・出産は女性にとって精神的にも肉体的にも何がしかの負担を伴う大仕事。
そのため、女性の体は妊娠を機に様々な変化を実感するものなのですが・・・

 

その中でも特に注意したいものの一つが「妊娠糖尿病」です。
これは、一般的な糖尿病とは異なる一時的な症状ではありますが、赤ちゃんへの影響やママ自身の今後の人生を考えると、できるだけ避けたいものであることは間違いありません。

 

故に、注意を喚起する意味でも、今回は妊婦さんの血糖値対策について考えてみたいと思います。

 

妊婦

 

妊娠すると血糖値が上がる!?妊婦さんが陥る妊娠糖尿病とは?

妊娠すると定期的に産婦人科で検診を受けますが、この妊婦健診の際に血糖値が高くなっていることを指摘される場合があります。

 

これがいわゆる「妊娠糖尿病」というもので、一般的な糖尿病とは区別される妊娠中特有の症状です。

 

これまで一度も血糖値が高いなどと診断されたことがない人はびっくりしてしまいますよね(>_<)
(※もともと糖尿病と診断されている人は妊娠糖尿病には含まれません。)

 

◎妊娠中に血糖値が高くなりやすい理由
普段、私たちの体内では食事によって血糖値が上がると、膵臓(すいぞう)からインスリンが分泌され、脳や筋肉でブドウ糖が取りこまれたり、肝臓や脂肪組織でブドウ糖からグリコーゲンと脂肪が作られるなどして血糖値が上がりすぎないようにコントロールされていますが、妊娠中はそうしたインスリンの作用を打ち消す「胎盤性ホルモン」の分泌量が増えるため、インスリンの効きが悪くなり軽度の糖代謝異常が起こりやすい状態になってしまいます

 

医師

 

だから今まで糖尿病とは縁がなかった人でも発症することがあるわけです。

 

すべての妊婦さんのうち、妊娠糖尿病と診断される割合は約12%といわれています。

 

特に妊娠後期になりやすい傾向があるので、気をつけたいところですね。

 

 

その症状としては、喉が渇きやすくなったりトイレが近くなったりすることがある程度。
但し、これらは妊娠中によくある症状ともいえるので、自覚症状はほとんどないといえそうです。

 

妊娠糖尿病と診断された妊婦さんはどんな治療を受ける?

では、妊娠糖尿病のどういった点が問題なのかというと、自覚症状がないうちに悪化する可能性があるから。
そして、症状が悪化すると、次のような影響が生じてしまうのです。

 

  1. 母体の合併症妊娠高血圧症候群、糖尿病の合併症、流産・早産
  2. 胎児の合併症・・・胎児の巨大化若しくは発育不全、胎児機能不全、子宮内胎児死亡

 

母体だけでなく胎児も高血糖の状態になってしまうと、先天奇形や羊水過多症になる恐れもあります。
さらに、高血糖を感知して胎児の膵臓から過剰にインスリンが分泌されてしまうと、赤ちゃんが大きくなりすぎて難産になったり、生まれた後に新生児低血糖に陥るリスクもあるといわれています。

 

医師

 

このような事態を避けるため、妊娠糖尿病と診断されると、まずは1週間程度の入院がすすめられ、食事療法によって妊婦さんの血糖値を正常に戻し、適正な体重増加を目指す努力が行なわれます。

 

 

そして、食事療法であまり血糖値の改善が見られなければ、血糖値をコントロールするためにインスリン投与が行なわれることになりまね。

 

 

経験者にお話を聞くと、妊娠糖尿病と診断されてしまうと、日々の生活は赤ちゃんへの影響を心配する不安と罪悪感、また食事の度に行なう血糖値測定やインスリン投与でかなり気が滅入るそうです(>_<)

 

食べたいものも食べられず、マタニティライフが一変してしまうとのことですので、まずは妊娠糖尿病にならないよう気をつけなければならないということですね。

妊婦検診で血糖値を指摘される前に・・・

 

女性

上記からもお分かりのように、本当に妊娠中の高血糖には十分注意しなければなりません。

 

それには普段からの心がけが必要ですが、妊娠糖尿病は誰でも発症してしまうとは言いつつも、なりやすい人の傾向がありますので、まずはそれをチェックしておきましょう!

 

◎こんな人は妊娠糖尿病になりやすい!

  • 肥満傾向にある、若しくは妊娠中に体重が急増した
  • 糖尿病の家族・親族がいる
  • 35歳以上の高齢出産
  • 巨大児を出産した経験がある
  • 尿検査で頻繁に尿糖陽性(プラス)が出ている

 

いかがでしょう?
意外と該当してしまうと思いませんか?

 

ということは、それだけ多くの人に妊娠糖尿病のリスクは存在するということなのです。

 

故に、高血糖の不安を抱えなくて済むよう、妊娠中も血糖値対策はしっかり行なわなければなりませんね( `ー´)ノ

 

女性

 

 

では、妊娠中の血糖値対策は何をしたらよいのでしょうか?

 

妊娠前であれば、血糖値対策サプリも効果的ですが、妊娠していることが分かった時点でこうしたサプリメントの類はやめておいた方が無難です。
(※いずれのサプリも妊婦さんは適用対象者外とされています。)

 

 

故に、妊娠中の血糖値対策は、ひたすら日々の生活で「食べるものに気を付ける」と「出来るだけ体を動かす」です。
ダイエットや過度な運動はもってのほかですが、肥満を避けるバランスの良い食生活と適度な運動が必須ということですね(#^.^#)

 

その上で、さらに血糖値が高くならないようサポートを希望するということであれば、青汁で血糖値対策を行なうようになさってください。

 

 

おすすめは、毎日たった1本でケアできる機能性表示食品森永製菓のおいしい青汁です♪

 

おいしい青汁

 

おいしい青汁

 

こちらは、文字通り、他の青汁にはないくらい飲みやすく、美味しい青汁です。

 

私は本来、青汁が苦手なのですが、これだけは素直に「美味しい」と感じることができました(#^.^#)

 

 

使われている野菜・果物はすべて国産。
砂糖・食塩が含まれていないことはもちろん、保存料などの添加物も一切含まれていませんので、妊娠中の血糖値対策にぜひ活用なさって頂きたいと思います。

 

◎「おいしい青汁」に期待できる効果
○脂肪の吸収を抑え、排出を増やす
○糖の吸収を穏やかにする
○お腹の調子を整える

 

 

青汁は、血糖値対策ばかりでなく、気になる中性脂肪にも効きますし、妊娠中の便秘対策にも有効ですよ♪

 

 

 

button

1,000円からお試しができる森永の「おいしい青汁」はこちら!

 

まずはその“おいしさ”を確かめてください!森永製菓のおいしい青汁