血糖値 ストレス|ストレスの影響で血糖値が上がり糖尿病リスクが高まる!?

血糖値はストレスの影響で上がるって本当?

血糖値を高める主な原因としては、肥満や肥満を招く食生活、そして運動不足がまず挙げられますが、実はもう一つ、ストレスも高血糖を引き起こす注意すべき要素です。

 

このことは、ドイツで行なわれた労働者を対象とした調査や、カナダで行なわれた女性就労者を対象とした調査からも明らかになっていること。

医師

 

いずれも、仕事における強いストレスを抱えている人の方がストレスをあまり感じていない人より2型糖尿病を発症するリスクが1.5倍〜2倍高かったのです。

 

 

  • 29〜66歳のドイツ在住の労働者5,337人を対象に13年間追跡した調査では、職場で過大な仕事を要求されて強いプレッシャーを感じている人は、そうでない人に比べ、2型糖尿病を発症するリスクが45%上昇することが明らかになった。
  •  

  • 糖尿病を発症していない35〜60歳の女性7,443人を対象に平均9年間追跡した調査では、仕事のストレスが多い女性は、そうでない女性に比べ2型糖尿病を発症するリスクが2倍に上昇するという結果になった。

 

確かに、ストレスの影響で血糖値は高くなってしまうのです(>_<)

 

血糖値とストレスの危険な関係

では、なぜストレスがかかると血糖値が高くなってしまうのでしょうか?
その仕組みを調べてみました。

 

女性

 

すると、次のようなことがわかりました。

 

  1. ストレスがかかると交感神経が活発になり、それによって血糖値を上昇させるホルモン(グルカゴン、アドレナリン、甲状腺ホルモンなど)が分泌される
  2.  

  3. ストレスがかかると神状態が悪化し過食や飲酒が増えがちになる→するとさらにストレスが増し血糖値が上昇する悪循環に陥る
  4.  

  5. ストレスがかかると身を守るホルモン「コルチゾール」が分泌される→すると、食欲が増したり脂肪の合成が促されるため肥満になる

 

 

上記以外にも、ストレスによって眠れなくなるなど睡眠不足の状態になることがあり、これが更なるストレスを生み出してしまったりします。

 

つまり、ストレスは直接的にも間接的にも血糖値に対して悪影響(=高める作用)を及ぼしてしまうのです。

 

ストレス

 

そもそもストレスは、うつ病や双極性障害などの精神疾患を引き起こすことから注意喚起されますが、上記のように糖尿病のような慢性疾患にも悪影響をもたらすため、より深刻にとらえる必要があります。

 

ということは、ストレスが原因となって糖尿病のリスクが上昇するのを防ぐためにも、私たちはストレスに対する対処法(=ストレスコーピング)を学ぶ必要があるのです。

 

血糖値の上昇を抑えるストレスコーピングの方法とは?

ストレスへの対処方法には、次のような方法が考えられます。

 

 

運動をする

運動を続けている人は、運動をあまりしない人に比べるとストレスへの対応力があることが明らかになっており、運動はストレス解消の有効な方法の一つです。

 

運動嫌いな人が無理やり行うのは逆効果になりかねませんが、嫌いでないならば、少しずつ出来ることから身体を動かすようにすることをおすすめしたいと思います。

 

 

休養をとる

心身の疲労や倦怠を感じた時には、無理をせずに十分な休養をとりましょう。
「嫌なことがあったときは思い切って寝てしまう」というのも意外と効果的ですよ(#^.^#)

 

 

趣味や娯楽を楽しむ

私たちは好きなことをすると心からリラックスできるようになっています。
日常的な仕事や家事、勉強から離れて、精神を爽快にリフレッシュするような自分だけの趣味・娯楽や気晴らしをみつけましょう。

 

 

腹式呼吸をする

最も簡単なストレス解消法は、腹式呼吸です。
ストレスがたまった時ほどゆっくりと呼吸するようにし、ぼんやり景色を眺めたり、のんびりお風呂に使ってみましょう。

 

 

環境を変えてみる

ストレスを感じるということは、生活スタイルのどこかを変えた方が良いというサインである可能性があります。
意識せず日課として繰り返しているパターンを部分的に見直してみると、気づかなかったストレスの原因がわかるかも知れませんね。

 

通勤時のラッシュなどは、その良い例とのこと。
通勤経路を変えたり、時間をちょっとずらすだけでストレス解消につながった事例もあるようですよ(#^.^#)

 

 

病院を受診し専門医に相談してみる

自分で対応しきれない大きな悩みを抱えてしまったときに自分一人で何とかしようと頑張り過ぎると、反って心身の不調を招く結果となってしまいます。

 

そのような時には、思い切って信頼できる人や専門家に相談することが必要です。
早期に病院にかかることで回復が早い場合も少なくないようですね。

 

医師

 

このように、ストレスへの対処方法はいろいろあります。

 

抱えているストレスが大きいほど専門医を頼った方が確実ですが、薬を処方されるのが怖い場合は、まずは効き目が緩やかで副作用の心配のないサプリを試してみて下さい

 

その方が体への負担が軽い場合がありますよ(#^.^#)

 

 

 

button

体にやさしいストレス解消サプリはコチラ!

 

「質の良い休息を求めるあなたへ」