血糖値を下げる 運動|正しいタイミングと効果的な運動方法とは?

日本人はもともと体質的にインスリンの分泌量が少ないことから、一定の年齢に達すると誰でも血糖値が高くなりやすいのですが、高血糖の状態をそのまま放っておくと、糖尿病を発症したり、高血圧になったり、肥満が進んだり・・・と日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

 

 

故に、こちらでご紹介しているように、食生活の改善や運動を生活に取り入れることによって血糖値を下げる努力をしなければならないのですが、ひと口に「運動」といっても様々な方法がある為、どの程度の運動をどのくらい行なえばよいのかよくわかりません

 

女性

 

そこで、血糖値を下げるためには、どういったタイミングでどのような運動を行なえばよいのかについて、具体的にご紹介していきたいと思います(#^.^#)

 

血糖値を下げるのの効果的なのは食後の有酸素運動

血糖値が高いと発症リスクが高まる糖尿病は、一度なってしまうと完治することがなく、様々な合併症を併発してしまうため、とても厄介な病気です。

docter

 

それだけに、何とか境界型にいる方々は血糖値を下げてリスクを回避しなければならないのですが、その為に行なう運動は、有効に作用する正しいものでなくてはなりません

 

というのも、やみくもに運動するのでは、別の体調不良を引き起こしたり、むしろ逆効果になってしまう場合もあるからです。

 

 

では、どういった運動が良いのかというと・・・

 

血糖値を下げるためには、軽いジョギングやウォーキングといった有酸素運動が有効。
タイミングとしては、食後1時間程度に30分〜1時間程度行なうのがベストです。

 

これを週3〜5日行えば、高めの血糖値にお悩みの方もかなり改善されるというデータが出ていますので、かなり有効ですね。

 

ウォーキング

 

そして、逆にやってはいけないのが、急激に行なう激しい運動

 

食事の直後は血液が胃に集まっており、心臓の血液量が少なくなっていますので、そんなときにいきなり運動をすると、心筋梗塞を起こしかねませんし、激しい運動は活性酸素を大量に発生させてしまうので逆効果(>_<)

 

活性酸素は、感染症以外のあらゆる病気の原因となってしまいますので、出来るだけ発生させないよう気をつけましょう!

 

血糖値を下げる運動で室内でできるものは?

高めの血糖値を改善するためには、週3〜5日程度の割合でウォーキングや軽いジョギングをするのが効果的・・・ということですが、女性の場合は、「外に出て紫外線を浴びるのがイヤ」という方や、「一人で外を歩くのは物騒で怖い」という方もいらっしゃいますよね。

 

実は、私も「これから毎日走ろう」と思ったことがあるのですが、人通りの少ないときに・・・と思って、実際に早朝や晩に外に出てみると、意外に怖くてなかなか続けられなかったのです(>_<)

 

故に、室内でできる運動として、筋トレヨガをおすすめしたいと思います。

 

筋トレ

 

筋トレといえば、クロスフィットトレーナーのAYAさんのような筋肉女子が急増中で、鍛え上げた筋肉美が男女問わず人気なので、トレーニングジムも全国各地に多く存在します。

 

 

またヨガは、筋肉をほぐしてしなやかな体になることで血行が改善されますので、肩こりや冷え性の改善に効果抜群
新陳代謝が良くなることで美肌効果もありますし、脂肪が燃えやすい体質になることでダイエット効果も期待できます。

 

さらに、ヨガの中でもホットヨガならば、発汗がもっと増えますので、デトックス効果も高く、むくみがちな女性には最適ですよね。

 

ヨガ

 

 

こうした筋トレやヨガならば、駅チカにスタジオのあるところも少なくありませんので、ぜひそういった通いやすいジムなどを活用し、無理のない形で運動を取り入れて下さいね(*^^)v