血糖値 トマトジュース|血糖値対策にトマトジュースが効果的といわれる理由は?またおすすめの飲み方は?

糖質制限をしている人にトマトはおすすめ食材!その理由は「リコピン」

今や糖尿病は日本人の国民病。そして、体質的に日本人は欧米人比べ糖尿病になりやすいということがわかってきました。

 

糖尿病

ゆえに、血糖値対策は今現在、糖尿病と診断されている人以外も気をつけなければなりません。

 

「健康診断で血糖値が高めと指摘されたから」「炭水化物や甘いものが好きだから」・・・人によって理由はさまざまかもしれませんが、糖質制限を心がけている人は実に多いのです(^^;)

 

 

そんな血糖値を気にしている人が毎日食べたい食材の一つが「トマト」。
実は、トマトには血糖値の上昇を抑える効果があるのです(#^.^#)

 

トマト

 

その効果の素になっているのが、カロテノイドの一種「リコピン」。
トマトに多く含まれるリコピンが血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

 

私たちの体内に多く発生してしまう活性酸素は、血管を傷つけたりインスリンの効きを悪くする(=インスリンの抵抗性を高める)ことで、糖尿病のリスクを高めてしまいますが、リコピンには強力な抗酸化作用があり、そんな活性酸素を除去してくれるため、インスリンの効きが良くなり血糖値が上昇するのが抑えられるというわけです。

 

このことは、糖尿病患者の血液からも明らか。
糖尿病患者の血液を調べると、血中のリコピン濃度が低い傾向にあることがわかっているのです。

 

血糖値の上昇を抑えるリコピンを効率よく摂りたいならトマトジュースが最適!

そんなリコピンをできるだけ効率よくたくさん摂るためにおすすめなのが、トマトジュース。

 

フレッシュなトマトをたくさん食べればよいのだと思われがち(もちろん、食物繊維を含んでいることからフレッシュなトマトも◎)ですが、リコピンの含有量からすると、普通のトマトよりもプチトマト、そしてプチトマトよりもトマトジュースの方が多いのです(*^^)v

 

トマトジュース

 

 

しかも、生のトマトはリコピンが入っている細胞が固く、噛んでも外に出づらいという欠点がありますが、絞ることによって細胞が破壊されているトマトジュースはより多くのリコピンを摂取できます。

 

つまり、リコピンを最も効率よく摂取できるのはトマトジュースということなのです。

 

さらに効果的な血糖値対策にはトマトジュース+オリーブオイル!?

しかし、そんなトマトジュースにあるものを加えると、さらに効率よくリコピンを体内に摂取できます。
それが、オリーブオイルなのです(#^.^#)

 

オリーブオイル

 

なぜならば、リコピンは油に溶けやすいという性質を持っているから。
オリーブオイルの働きによってリコピンの体内への吸収率はアップするのです。

 

 

さらに、トマトジュースを温めて飲むと最強!
普通のトマトジュースを飲む場合と比べてみると、オリーブオイル入りのホットトマトジュースは約4.5倍もリコピンの吸収率が高いといわれているのです。

 

 

医師

しかも、オリーブオイルといえば、良質な脂肪酸であるオレイン酸を多く含む健康オイル。

 

動脈硬化や高血圧、心疾患といった生活習慣病を予防・改善するために1日スプーン1〜2杯を飲むのが推奨されているほどなのです。

 

※この場合のオリーブオイルとは、エキストラバージンオリーブオイルのことです!

 

 

ということは、

どうせトマトジュースを摂取するならば、オリーブオイルをプラスして飲んだ方が一石二鳥の健康効果が期待できるということです。

 

 

但し、残念ながら、日本はオリーブオイルに関する規制が諸外国に比べゆるいため、偽物のエキストラバージンオリーブオイルが多く出回っています。

 

しっかりした健康効果を狙うのであれば、信頼できる企業が販売している本物のエキストラバージンオリーブオイルを購入するようご注意くださいね(#^.^#)

 

 

 

button

トマトジュースと一緒に毎日摂るのにおすすめなエキストラバージンオリーブオイルはコレ!

 

オリーブオイルのある暮らしで健康イキイキ!『オリーブハート』